2020年5月 9日 (土)

バラが咲いた~♪

 庭のバラがようやく咲き出しました。

イングリッドバーグマン ビロードのような深紅が素晴らしい。

Img_20200508_145855

ホワイトクリスマス 大きな花とスパイシーな香りが魅力的。ホワイトと名前が付いていますが少しピンクのシミが入りますね。なかなか真っ白なバラはありません。

Img_20200508_145935

スペインの貴婦人スパニッシュビューティー ヒラヒラとした花びらが色っぽい。細くて長いステムが確かに貴婦人。

Img_20200508_082805

魅惑 白い花弁にピンクの縁取り。和製プリンセスドゥモナコ的な? 若干病気に弱い感じがするので鉢植えで雨に濡れない軒下で管理。

Img_20200508_145918

ワンコの散歩中に藪にあったノイバラを刺し木して育てました。小さい花が可憐で蜂類が一番やってくるバラです。ロサなんちゃらというばら類は世界各地のノイバラが先祖に入っていることが多いそうです。

Img_20200508_145947_20200509212401


2020年5月 5日 (火)

かわいいオダマキ

庭のオダマキがきれいです。うつ向きな花が可憐です。花が、織物する時のおだ巻きに似ているので付いた名前だそうです。

Img_20200504_135310

Img_20200504_135406

Img_20200504_135329


2020年4月29日 (水)

タラの芽の収穫

今日は近所の友人と里美の山奥に山菜採りに行きました。タラの芽は二人ともリュックにパンパン採りました。コシアブラはやはりまだ早いようです。タラの芽もまだ開いてないのがたくさんあったのでまた週末に採りに行こうと思います。取ってきた山菜は近所の知り合いや親族に分けてあげました。

食べ頃サイズのタラの芽。

Img_20200429_092612

いい感じの大きさです。

Img_20200429_154725

二人の収穫。帰りは重かった~。夜は天ざるうどんで。うまかった!

Img_20200429_154735

2020年4月27日 (月)

庭をパチリ

春本番となり、庭の草木の勢いがすごいです。

Img_20200425_110802_20200427093201

Img_20200425_110751_20200427093201

Img_20200425_110740_20200427093201

増えすぎたアジュガを無料で配布しますとのお知らせを出したら5人の方がもらってくれました。

Img_20200425_110830_20200427093301

2020年4月22日 (水)

春を食す


 山で採った山菜の天ぷらでお昼。今日の天ぷらはタラの芽、こしあぶら、鷹の爪など。アク抜きしたわらびは麺つゆでお浸し風にしました。絶品‼️でした。

Img_20200422_122012

わらびは重曹と熱湯でアク抜き。一晩置いて翌日水を何回か交換すれば食べられます!茎のぬるっと感がたまりません。

Img_20200421_202111_20200422141401

やぶれ傘ともみじ傘(しどき又はしどけ)は量が少ないので一緒に茹でてしまいました。このあとゴマ和えにしました。独特の風味がたまりません。もみじ傘は昔に比べると随分少なくなりました。貴重な食材になってしまいました。

Img_20200421_202106

わらび採りしながらパシャリ! かなり登ってきました。

Img_20200421_085724

一輪しか咲いてませんがニリンソウ。一本の茎から二輪咲くからニリンソウと言います。これも食べられますが、最近は花を愛でるだけ。かわいい花です。

Img_20200415_101924 

山ニンジン(シャク)。葉っぱが人参みたいてすが根は大きくなりません。細くて小さいので摘むのが大変です。

Img_20200415_101950

2020年4月 6日 (月)

いわうちわ咲く男体山を歩く

大子男体山周辺を歩きました。まだいわうちわが咲いていました。

Img_20200406_113051

少し白っぽいのは花の終わりなのかな?

Img_20200406_101525

天気も良くいい山歩き日和でした。

Img_20200406_121621

2020年3月26日 (木)

謎の水根への道

 大子の鍋転山第二展望台を男体山方面へ少し行くと、至水根と書かれた謎の分岐があります。踏み跡はありませんが行けるから標識立ててあるんだろうと思い歩いてみました。

今回のルート。今は使われていないと記載がありました。

Img_20200326_074226

謎の標識。標識自体も沢を向いているのか山を向いているのか…とりあえず沢を行く!

Img_20200326_104300

歩き始めは落ち葉と丸石の沢底で快適。その後倒木と岩などがある沢底を歩く(なかなか大変)。沢底歩けるのはここら辺までかなあと思った所で杉林の中にかすかに山道らしい跡を見つけそちらを歩く。しかし野ばらや山吹などのトゲトゲ藪!いててて涙、道を外れないようなんとか掻き分けながら歩くとやがて雑木林の尾根に付き道もはっきりしてきました。どなたかが付けてくれたピンクテープを確認しながら尾根歩きし水根に到着しました。藪がひどいところがありましたが鎌で刈り払えばまだ道として使えそう。しかし今はバリエーションルート好き以外にはお薦めできないルートでした。

Img_20200326_104358

水根への出口。なるほどねここに出るのか!昼飯は車に戻ってから食べました。今日も楽しく歩けました。

Img_20200326_112449

2020年3月22日 (日)

みつまたの花咲く鶏足山へ


今日は近所の友達と鶏足山へハイキング。駐車場はものすごい車でした。みつまたは盛りを過ぎましたがまだまだキレイに咲き誇ってました。

香りの良い花がたくさん。

Img_20200322_113809

鶏足山。今日は霞がかかって景色は今一でした。

Img_20200322_130430

Img_20200322_114043

鶏石。どう見ても鶏冠なのに鶏足とはこれ如何に。

Img_20200322_131529

帰りに見かけたスミレ。苔と木の窪みとなんともいえないバランス。

Img_20200322_135108

藤井川の源流。この下の道はぬかるんでぐちゃぐちゃでした。去年の台風の影響がまだあるのだな。

Img_20200322_135253

2020年3月19日 (木)

山のエビフライみっけ

大子の尾根歩き。今回は旧月居トンネル付近から山入り~鍋転山~白木山分岐の往復でした。春本番の温かさ。霞がかかり遠くはあまり見えませんでしたが楽しく歩けました。

今回のルート。少し短めですが…。

Img_20200319_075508

ここから山に入る。この先の旧月居トンネルはちょっと怖い!

Img_20200319_090859

途中で山のエビフライを見つけました! 他の方のブログなどで知ってはいましたが初めて見ました。確かにエビフライだわ笑っ。上手に食べるもんだなー。

Img_20200319_103211

鍋転山。この山の名前がなべころびでもなべころがしでもなく、なべころばしだと初めて知りました! 地名をちゃんと覚えることは大事ですね。

Img_20200319_094157

帰りの休憩にて。アップダウンもありますが明るくてとてもいい道でした。

Img_20200319_132406

2020年3月17日 (火)

鶏足山のルート探索

何度か歩いたことのある鶏足山ですが、今日は歩いたことのない道を歩きました。急な登山道のイメージがありましたが今日の尾根道はとても快適でした!

みつまたもキレイそうですが何度も見てるので今日は道歩きのみ!楽しく歩けました。

駐車場~神社脇から入山、久保コースへ~尾根道を歩きながら弛み峠~三角点~大沢峠へ~林道を歩いて駐車場へ

Img_20200317_143424

登り途中の見張らしのいい尾根から。暖かいな。

Img_20200317_100401

«鷹取岩から眺める